12月19日 ドリス ヴァン ノッテン^ ^♪

お勉強とメンタルメンテナンスとを兼ねて…

モード好き必見の映画の試写会に行って来ましたぁ♪

ドリス・ヴァン・ノッテン ファブリックと花を愛する男』

f:id:yumlesoleil:20171219193337j:image

(以下、写真は全てカタログより)

 

世界のファッションマニアから支持されている服飾デザイナー、ドリス・ヴァン ・ノッテンを追ったドキュメンタリー☆

今年、京都とParisで観た世界を代表する国際的な写真家グループMagnum Photosの「マグナム・フォト 世界を変える写真家たち」というドキュメンタリー映画を製作したことでも知られるライナー・ホルツェマー監督の作品です☆

これまで一切の密着取材を断ってきたドリス…

この映画では、パリのグラン・パレで開催された2015春夏レディースコレクションから、15年間待ち望んだオペラ座で開催された2016/17秋冬メンズコレクションの本番直後までの1年間を、準備やショーの舞台裏、アトリエやインドの刺繍工房などの創作の現場、さらに創作活動を支えるアントワープ郊外のプライベート宅にまでカメラが入って、完璧主義者で高い美意識を持つ彼の素顔を追っていました☆

f:id:yumlesoleil:20171220131219j:image

1981年アントワープ王立芸術アカデミーを卒業

アン ・ドゥムルメステール、ウォルター・ヴァン・ベイレンドンク、ダーク・ビッケンバーグ、マリナ・イー等(マリナ・イー引退後は、彼らとアカデミー同期であり、途中ゴルチエに就職したマルタン・マルジェラを含める場合も有る)アントワープの6人☆

f:id:yumlesoleil:20171220120244j:image

ゆんやリュウ世代にとっては、超〜有名人‼︎

1985年、「コムデギャルソン」(川久保玲)の影響を受けた、アントワープ王立芸術アカデミーのファッション科を卒業した学生6人が、作品をバン1台に積み込んでロンドンファッションウィークの「The British Designer's Show」に出展し、それが注目を集めたことをきっかけに、名前が難しい彼等はまとめてこう呼ばれるようになり…

彼等は90年代に新しいモードの波としてファッション業界を席巻しました☆

その後もアカデミーからは、ヴェロニク・ブランキーノ、ラフ・シモンズ、ステファン・シュナイダーら世界的なデザイナーを送り出し、その創造性を徹底的に養う教育方法が注目を集め、マスコミで取り上げられ、日本人も含め世界から目指す学校の一つとなり、アントワープ発のモードは世界中から注目されるようになったのです

政府が力を入れたといえ、ベルギーですからね…

今のようなSNSの発達していない時代に、突然現れた時代の寵児達はすごい衝撃でした.。.:*・'(*゚▽゚*)'・*:.。.

現在でも、マルタン・マルジェラやラフ・シモンズと共に、アントワープを代表する存在ですね=(^.^)=

 

そして、彼がお城のような豪邸に住んで、花を愛し、庭の手入れをするのが好きなのは有名で…

f:id:yumlesoleil:20171220131103j:image

ただ、こだわりが強い完璧主義者で美意識の高い彼は、その多くがベールに包まれ…

これまでは、ゴシップも含めて情報が出ない人で…

それが、4回のコレクションの経過を含めた1年を通してのドキュメンタリー映画になったのです(°▽°)♪

その上、お花があふれる美しい邸宅でのプライベートタイムまで見れるなんて…

f:id:yumlesoleil:20171221075635j:image

 

材料にこだわり、色で遊び、手仕事の刺繍を愛し…

とめどなく湧き上がるデザインを整理しながら、時にはビジネスに必須のトレンドをも無視して、アーティストとして自分の美の哲学にこだわる…

そんなストイックな彼のプライベートは、生活も休息も、タイムスケジュールを細かく組んで…

完璧主義者の思考回路(^_−☆

育てたお花をたっぷりと飾り、育てた野菜を料理し…

全てにおいて丁寧なライフスタイル

公私共に長年寄り添うパートナーも、仕事環境の周りの人達も、彼が一言話せば通じる人で固めて… 

成功と幸福の源ですね☆☆☆

それでも満足を感ずることがあまりない、超繊細な天才デザイナーの人生を少しだけ垣間見ることが出来ました

しかし、良い意味でその内容は特に驚くようなことは無く、だいたい想像していた通り…(#^.^#)

そう、期待を裏切らないイメージ通りの人でした☆

しかも、ずっと繰り返し観ていられる心地良さ♥︎

不愉快なところも、不可解なところもありません

全てがとても気持ちの良い人がそこにいました☆

憧れと尊敬を込めて「なんて幸せな人なんだろう」と思いました╰(*´︶`*)╯

彼の聡明さやピュアで優しい人柄までも、画面から伝わってきます♡

もちろん好みはあるでしょうが、ゆんは大大大好き♥︎

映画で観た分だけで言えば、彼の価値観、美意識、生き様というかスタイルやスタンス全てが好きなゆんです

そもそもが彼のような才能豊かな成功者でなくても、こういう繊細で丁寧な人が、生理的に大変心地良いゆんですから^ ^

 

ここのところの1年あまり、自分らしさを見失っていたゆんですが…

試写会の帰り道、これから残りの人生でやりたい事を頭の引き出しに整理しなおしました☆

人に甘えたり頼ったりでは無く、もっと自分の努力が必要だと反省もしました(。-_-。;)

周りの人をムリに巻き込むのでは無く、自分が歩みを進めれば、付いてくる人これる人、付いてきたいと本気で思う人が集まって、そうでない人は去るでしょう

時間に限りある人生に、後戻りはありません

「一つずつ選んだ鎖が繋がれて人の道になる」

大事な選択が日々多くありますが、その選択がその人そのもので、言い訳は無しですね

頑張ろォ〜っと♪( ´▽`)ノ

 

夢というか目標も修正しました٩( 'ω' )و

色々あった一年の暮れに、更なるリスタートの背中を押された心晴れやかな1日になりました☀︎

さぁ、今後の自分が楽しみです ∩^ω^∩♡

 

では、またね☆〜(ゝ。∂)