読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

8月16日 老眼でネイル(#^.^#)♡

今日は、ネイル&ハンドケアをしてました

老眼になりだして細かい作業は少々疲れますが、月に1度はお手入れしないと爪が割れたりして困ります(/ _ ; )

夏はサンダルや浴衣を着たりするからか、フットも含めて街でもネイルが目立ちますよね☆

中学生の時に爪が弱いのでネイルケアを教えてもらって、親にデパートの化粧品売り場でスイスのネイルケアキットを買ってもらいました

その後、色々なブランドを覚えて、ケアをするだけでなくファッションとして楽しむようになりました…高校生の頃です(o^^o)

更に上の学校では周りの大人達のマネをして、手入れの行き届いた手に少しだけ長くした爪をスクエアオフの美しい形に整え、肌に合うベージュ系Dior415番やフレンチをするようになり…♥︎

さらに社会人になり、アパレルの会社なのでメイクも自由に遊んでた頃、地元にネイルサロンが出来ました☆

ゆんがネイル好きと噂で聞いたと、そちらのオーナーの方が訪ねてみえたのを覚えています

まだ派手なネイルアートのチップをされてるのは、夜のお仕事のお姉様が大半だという話で、ファッション業界の人を中心にネイルアートを広めていきたいとおっしゃってました

今から30年も前の話しですぅ(゚o゚;; ‼︎

 

フラワーデザイナーとしてお仕事するようになって爪の補強は必須なのに、忙しくて頻繁にはサロンに行けないので、サロンのモノを自宅に揃えて自分で補強し、出来るレベルのアート(スワロのデコ)をしてました

10数万円かかりましたよ f^o^;

でも、ネイルアートは仕事道具であるアクリル絵具ペイントの最小のものなので、それもプロとして楽しめますし♡

水を使うことも多いので出来ないアクセ代わりにもなりますから、いつも手元を見られるのでお手入れされた手元は身だしなみと思ってました(*^^*)

さらに、ブライダルスタイリストとしてもネイルは必須になってきてたので、そのまま続けているとジェルネイルの時代が来ました☆

 

さすがに、新しいジェルネイルはサロンに行かねばと、ウチのお客様でもあるご近所の有名なサロンに行ってビックリしました!

なんと、その方の修行された先生は、ゆんが若い頃に地元で最初のネイルサロンをされたあの方‼︎

奇遇ですぅ‼︎

その御弟子さんだったのですよ〜!(◎_◎)♡

「ゆん先生のネイルをするなんて、緊張しますよぉ〜」

気の良い彼女はそんなこと言ってましたが、さすがの腕前でした^_−☆☆

その上、セルフでも出来るように助言してくれて…

彼女は人気がある上に育児中で予約が取りにくく、忙しいゆんは夜中に自分でやるようになりました

 デコパーツ以外は全て新しい素材なので、プロの仕入れ価格と違いますから、まただいぶお金がかかりました >_<;

でも、良いサロンでスワロたっぷり使って貰うと、3週間に1度2万円位しますから…1年分以上使える材料代は納得の価格でした ^ ^;

 

あれから数年…

今のジェルネイルの簡単なコト‼︎

セルフ用に開発されているので、仕上がりレベルは当然落ちますけどね(ー ー;)

簡単なだけでなく、格段にお安くて驚きます!

スワロやケア用品を少し揃えても1〜2万円☆

お遊び程度なら、5千円で揃う!(◎_◎)

月に1度なら、フットも含めても1年分はあるでしょうね(^.^)v

とりあえず、忙しい時には空き時間を利用してセルフでお手入れは必要ですからね

f:id:yumlesoleil:20160818000519j:image

 

ネイル歴40年…

こんな地代が来るなんて…

ファストファッション全盛、ネイルもお手軽☆

 

ゆんはお金持ちじゃないから、安いのはもちろん嬉しいですよ^_−☆

上手に選べば、安くてもオシャレを楽しめる♪

ただ、長い間修行して得たテクニックをお持ちのネイリストの方達は、本当に美しく仕上げます☆

40年ネイルしてるセミプロでも、いえだからこそわかるのですが全然レベルが違います(>人<;)

プロフェッショナルに施術してもらい、サロンで優雅な時間を過ごす*・'(*゚▽゚*)'・*

贅沢って、ささやかであっても特別なモノ☆☆

 

ホンモノを見極める目

ホンモノを愛でる心

 

なんでも安くて真似事で良いのかしらん

本物を知ることを教養と呼ぶのですよね(#^.^#)

 

全てが良質な生活はお金が大変ですが、自分のお気に入りのものだけでもこだわりを持って、自分らしく輝いていたいですね☆

 

その選択やこだわりの趣味が良い人をセンスが良い人というのですよね(^з^)-☆

 

 ゆんも良質なモノを大事に愛し、センスが光る生活をしていきたいです♡

 

では、またね☆〜(ゝ。∂)